種類を比較して選ぶウォーターサーバー

これからウォーターサーバーを家庭に導入しようとする方には、種類が多くてどのように選べばいいか悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。

そこで多種多様なウォーターサーバーの種類と特徴を把握することで、比較材料が分かり、選びやすくなります。

サーバーの種類には、スタンドタイプと卓上タイプ、省エネサーバーがあります。

ウォーターサーバーの比較に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

最もスタンダードなのがスタンドタイプで、12リットル入りの容量の多いボトルが使用出来るものがほとんどです。
大きなものになるので、店頭などに気を付ける必要があります。



卓上タイプは、机などの上において使用出来る、比較的小さめのサーバーです。ボトルも8リットルタイプなど小さめのサイズになり、可z区が少ない方や女性にちょうど利用しやすい大きさになります。省エネタイプは、この両方のタイプにあります。

最近では、多くのウォーターサーバーにこの機能が加わっています。

また、ボトルの種類については、ワンウェイボトルとリターナブルボトルがあります。

ワンウェイボトルは使い切りタイプのボトルです。

薄い素材でできていて、簡単につぶすことができ、捨てるのが簡単です。


回収はないので自分で捨てなければなりませんが、家に使い終わったボトルを置いておくことがなくなるので、便利です。

産経ニュース関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

一方リターナブルボトルは、再利用をするタイプのボトルです。

硬いプラスチックの素材でできていて、配達の際に業者が回収していきます。
使い捨てではないので、環境にはやさしいというメリットがあります。
ワンウェイのものとは違い、水が空気に触れやすいので、開封後は早めに使い切る方が良いです。このような特徴を比較して、自分に合ったものを選びましょう。